Radeon Software Crimsonを試してみた

つい最近、AMD Radeon向けに新しい「Radeon Software Crimson」がリリースされました。
パフォーマンスが上がったり悪いことはないようなので更新してみました。

短く言うと一番良かったのはVisual Super Resolution。
これは解像度を既存から拡大して表示するもので同じようなものにNVIDIAのDSRがありますが、
これはDSRと異なり(たぶん)、PCのデスクトップ全体の解像度も拡大できます。

ですので、僕みたいにフルHD非対応(1600×900)のディスプレイでもフルHD(1920×1080)で表示することが出来ます!
※Windows10限定らしい。

radeon
98e496b882a77de4af66595319dba381

56a07fcf8f8bd3c55b817ba19b080df4

これでわざわざ解像度の高い高額なディスプレイを買わなくても高解像度でプレイできますが、
ディスプレイの型が小さすぎると逆に視認性に影響が出て目がつらいのでディスプレイは大きめの物を使うとベストです。