古代のクツムについていろいろ

どうも、お久しぶりです。
最近黒い砂漠 北米でググるとお仲間の方のブログを偶然見かけたのでこっちも更新します。

先日のアプデで日本より先に北米に古代のクツムが実装されました。
というわけで早速行ってみたよ。

2016-09-17_330169014

(注:クツム出現告知メッセージは現在日本クライアントに存在しないため自分で翻訳しました。
原文: Ancient Kutum’s heart is palpitating inside the Scarlet Sand Chamber. )

まず最初に攻撃の痛さなどは今の自分の装備(159/149/282,攻防441)を基準にして紹介します。

 

クツムの攻撃パターンはだいたい以下の通り

・体振り回し(左右)
・地中に潜って飛び出し
ダイソン吸い込み
・広範囲雷撃

このうち体振り回しは名の通り体全体で薙ぎ払うように左方向もしくは右方向に払う。
多段ヒットでまともに食らうと結構痛い。最高で半分~6割ぐらい体力減った。
あと未確定だが、ひるみ効果もあるっぽい?

次の地中に潜って飛び出しは、地中に潜ってしばらくすると、特定のプレイヤーの近くに移動してそこからそのプレイヤー目がけて
飛び出して攻撃してくる。これも多段ヒットで全段あたると同様に痛い。
2回飛び出し攻撃をして、最後は必ず中央に戻り飛び出す。
ガードは可能で攻撃を防ぐことができるが、あたり判定が雑なのかガードしててもたまに多段ヒットのラストでバックアタック取られることがあるので
走り回って避けた方が無難か。

で次の吸い込みは、カランダでいう羽の雨に相当し多段ヒットでまともに食らえばまず防御280前後でも死にます。死にました。
一応カランダ同様前触れ(ダメージが通らなくなる、予備動作)があるのですが、こいつはたちが悪く、
前触れから攻撃までの猶予時間が短いうえに吸い込み中にダイソン並みの吸引力で一定範囲のプレイヤーを吸い込み攻撃発生地点に引き寄せるので、
ノーダメージでやり過ごすにはかなりの反射神経と移動距離が必要になってくる。
前触れが起こってから1秒以内には退避を行いたい。
なお前触れが起こった時に攻撃モーション中だったときは完全回避はほぼ不可能なので諦めてください^p^
攻撃モーション中だったときも終わったら速攻全力で退避すれば引き寄せられるので多少食らってしまうが死ぬことはないので(防御280前後前提)
頑張ろう。ただあたりどころにもよるけど体力は6割~3割程度まで削れる。
退避するコツはクツムの真後ろを向いて退避する。
正面はダメゼッタイしぬ

「ガードすればいいんじゃない?」と思っても現実はそう甘くはなく、何度か検証したところどうやら吸い込み攻撃には1ヒットごとにガード解除+気絶効果があるみたいで
大剣ガードしてても1ヒットすれば腑抜けのように棒立ちになりそれから無抵抗で吸い込み攻撃を食らうことになってしまうので、
やっぱり全力退避した方が被害が少なくて済む。
ただ、日本鯖の場合は攻撃範囲が表示されると思うので北米よりは回避の難易度は低いかもしれない。

最後の広範囲雷撃は、飛び出し攻撃の最後中央に戻った時に攻撃と、体振り回しで中央に居る時に攻撃と、の2パターンを確認。
これ自体はガードできればあまり怖くはないが、何しろ吸い込みと違って前触れなく(あるかもしれないけど分からない)突然
放ってくるので油断してこれで死ぬ人を何回か見た。

全体的に近接職はつらめだと感じました。
他のボスと違って被弾がどうしても多くなるのでPOTを多めに持っていくことを推奨します。

最後に、行ってきたときに撮った動画です。
撮影ミスですこしカクカクで申し訳。

この動画での1回目の討伐は30分以上かかったので途中倍速。

ちなみに湧き間隔ですが、結構早いです。
4回ぐらいクツムやりましたが、平均10時間ごとに湧いてます。